地域に学ぶフィールドワーク型学習

地域に学ぶフィールドワーク型学習

キャンパスを飛び出し実社会から学ぶフィールドワーク型の授業が各学部・学科で取り入れられています。福祉環境学科では、地域の暮らしや課題解決について学ぶため、熊本市尾ノ上地区や水俣市でまち歩きを通したフィールドワークを実施。
座学だけではわからないリアルな学びで、卒業して実社会に出てからも役に立つ経験や考え方を身につけます。